最新記事・市町村地区別の過去記事は、こちらからご覧下さい。 市町村地区別記事は...

【Asoうぶやまキュッフェ】(熊本県阿蘇郡産山村)無農薬野菜とジビエ料理!静かな山里に佇むカフェレストラン!

スポンサーリンク

【Asoうぶやまキュッフェ】

8月最後の日曜日、阿蘇に行ってきました。

雄大な阿蘇の山々・青い空・白い雲、最高の風景ですね✨

とても素敵なお店に行ってきました💕

2018年8月11日、産山村にオープンしました【Asoうぶやまキュッフェ】さんです。

さっそくご紹介したいところですが、今回はご紹介の前に書いておきたい事があります。

私は、元々このブログは自分が美味しいものを食べに行った備忘録として書いてますが、自分が行ってみて美味しかったお店や素敵なお店は、たくさんのみなさまにも行っていただきたいと思ってます。

今回の【Asoうぶやまキュッフェ】さんも、もちろんそうです😍✨

とても素敵なお店だったので、詳し~くご紹介したいところですが・・・。

こちらのお店には、もうすでにテレビや雑誌の取材の依頼があってるそうですが、お断りされてるそうです。

それはなぜかと言うと、今回お店に伺ってみてわかりました。

お店はご夫婦お二人で営業されてます。

営業日は、土日&祝日のみです。

時間もお昼から夕方まで。

産山村の、ホントに静かな山里で、少ない席数で一人一人のお客さまに対してとても丁寧に対応され、美味しいお料理と、ゆっくりまったりとした寛げる癒しの時間・空間を提供されてます。

ここに居ると、時間の流れが止まったかのような居心地の良さです💕

お店に居る間、一度も時計を見る事もなく、気付いたら三時間経ってました(^^;

私もブログに書くにあたって、オーナーさんご夫婦とはお話をさせていただきました。

こちらのお店は、以前は熊本市内の街なかでカフェを営まれてました。

後で気付いたのですが、私も何度かお邪魔しててブログも書いてました。

街なかのお店の時は、街なかの利便性もあり、メニュー多く、美味しいお料理に、いつもお客さまで賑ってました🎶

お店のファンの方もたくさんいらっしゃいました。

その方々も、お店のオープンを心待ちにしてらっしゃったと思います✨

正直、産山村のお店は熊本市内からは遠いです。

私の住む合志市からでも、2時間はかかります。

場所もはっきり言って、わかりにくいです。

私はたくさんの方にお店をご紹介したい気持ちもありますし、お店のオープンを心待ちにされてた方々にお知らせしたい気持ちもあります。

でも・・・たくさんの人に教えたいけど、内緒にしときたいお店・・・みたいな感じです(^^;

街なかのお店の時とは違って、賑やかにワイワイと言うよりは、お料理や風景、癒しの空間を静かに楽しむって感じです💕

ですが、やはり遠くてもぜひ行ってみたいと思われるかたがいらっしゃたら、迷わずお店に着いて欲しいですので、少しだけ道案内も入れてご紹介したいと思います。

こちらのお店は、予約を入れてから行かれる事をおすすめします。

完全予約制ってわけではないのですが、何時間もかけて行ったのに、閉まってた・・・では、悲しいですから(^^;

それに、前にも書きましたように、オーナーさんご夫婦は、ここではお料理だけでなく、ゆっくりとした時間・空間を過ごして欲しいと思われてますので、営業時間内での滞在時間の制限はありません。

行ってみたけど満席で入れなかった、長時間並んで待たなきゃ・・・となってしまうと、これも悲しいですから。

8/26現在の情報ですが、現時点では電話予約はできません。

facebookやインスタグラム等のメッセージのみとなってます(最後にお店情報にリンク貼ってます)

ゆくゆくは、電話予約も可能になるそうです。


スポンサーリンク

お店の場所

お店の場所はこちらです。

土地勘無いと、とんとわかりません(笑)

地図見ても、何も目印になるものがありません(^^;


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

とりあえず【御湯船温泉館 やすらぎ】さんを目指して行かれてください。

ここはナビにも表示されます。

産山までのルートは色々あると思いますので、まずはここを目指してください(^^)v

いつもなら、ここまでのルートも詳しく書くところですが、“ 教えたいけど内緒にしときたい ” 揺れ動く気持ち(笑)

この【御湯船温泉館 やすらぎ】さんまで来たら、ここを右手に見て、まっすぐ道を進みます。

ここから道が狭くなります。

場所によっては、離合も厳しいくらい細い所もあります。

【御湯船温泉館 やすらぎ】さんから、約1.5㎞くらい。

車で5分ちょっとくらいかな。

ちなみに、【御湯船温泉館 やすらぎ】さんは、宿泊もできる温泉施設です。

温泉のみの利用も可能ですし、素泊まりも出来ます。

遠方からいらっしゃって、日帰りが不可能な方は、ここにも泊まれますよ(^^)v

さらに道を進みます。

山頂まで上り、そこから下ります。

下り切った所の左側に、小さな橋がありますので、そこを渡ります。

橋を渡ったら右です。

右手に《KUCHE PARKING》と書かれた看板が出てます。

ここが駐車場です。

お店は、以前納屋として使われてた建物を、改装されたものです。

お店のfacebookに、改装前の写真が載ってますが、あの納屋がこうなるのか!と、とても驚くほどの変わりようです✨

入り口の緑のドアも注目してみて下さい。

昔の物を再利用されたものです。

店内

納屋の前は、牛小屋として使われてた建物だそうです。

所々に名残があります。

しっかりした大きな梁は、元々の骨組みです。

床板も古材を利用して貼り直されました。

席数は少ないです。

テーブルは4つ。

店内にある暖炉は、熊本地震でやむなく解体された古いお家を支えていた基礎の石です。

破棄されるはずだった石が、こちらのお店で甦り、素敵な暖炉となってます。

窓から見える風景です。

こちらのオーナーさんご夫婦は、食材も自分たちで作られてます。

月曜日~金曜日がお休みなのは、この畑で丹精込めて野菜を育ててらっしゃるのです。

オーナーさんは、お店をオープンされる前に、県立農大で一から農業を学ばれました。

自らの手で育てた食材を使って、お料理を作るという、素晴らしいこだわりです😍✨

お店のある笹鶴という地区には、三世帯しかありません。

この向こうに見えてるお宅は、もう大分県です。

その向こうに見える祖母山は、大分県と宮崎県の県境(^^)

こんなとこまで来たんだぁ(笑)

産山村 取り扱いせつめい書

お料理を待ってる間に、こんなものを見せていただきました。

《産山村 取り扱いせつめい書》

私も、熊本に生まれ育って半世紀以上経ちますが、全く知らなかった産山村情報がたくさん載ってます✨

・信号機が、ない

・お小遣い稼ぎは、イノシシのしっぽ

。産山唯一のスーパー、Aマート

等々、ホントにローカルネタですが、“ 面積は東京ドーム1294個分 ” ながら、H29年1月現在の “ 総人口は1548人 ”、なので “ 村の奴はだいたい友達 ” とか(笑)

それに、なんと言っても “ 水道水が名水百選 ” “ 水道水はすべて湧き水 ” もちろん、こちらのお店で出されるお冷も、自ら汲みに行かれてる湧き水です✨

オーナーさんご夫婦が移住を決められた、産山村の魅力が満載です💕

お料理

ランチのコースは二種のみです。

【無農薬野菜とジビエのパスタコース 2830円税込】と、【無農薬野菜とジビエのお肉コース 3910円税込】

内容は、その時に採れた野菜、ジビエによって替わります。

『その日これが美味しいよ!!』という、自信を持っておすすめされるお料理になります✨

この日は、夫と一緒にお邪魔しました。

自らもジビエ料理に興味がある夫は、ワイン飲む気満々で(笑)

帰り道は、私が運転して帰ります(^^;

グラスワインは1500円。

ボトルワインは5400円~だったので、とりあえずボトルワインをオーダーして、残ったらお持ち帰りで。

ワインは、お任せで選んでいただきました💕

ワインの種類もたくさんありました。

オーナーさんは、ブドウ栽培もされてて、将来はワイナリーの経営を目指してらっしゃいます✨

まずは《産山湧き水で育ったマスのハーブマリネと無農薬野菜のオーガニックサラダ》

大きなお皿に彩り良く盛られてきました✨

野菜は、10種類以上入ってます🎶

もちろん全部お店の畑で採れた新鮮野菜です💕

ゴーヤの苦味も、こんなに美味しく感じたのは初めてかも?(´艸`*)

《産山のトマトのガスパチョ》

酸味が爽やかでさっぱりとした風味💕

暑い夏には、合います✨

こちらは、パスタコースの《鹿肉のラグーと無農薬野菜のオーガニックパスタ》

野菜がたくさん✨

鹿肉が、すごく柔らかく煮込まれてます🎶

ゴロゴロと大きいのに、口の中でホロホロと崩れます。

美味しい😍✨

パスタ麺も、生麺みたいにモチモチです💕

オリジナルのカレー風味のスパイスをかけて味変すると、また違った美味しさを味わえます(^_-)-☆

肉コースのお料理がきました🎉

《ジビエ鹿肉の炭火ロースト ブルーベリーソース添え》

何?このボリューム~~😍✨

鹿肉の塊~~💕

こんなの食べた事ない!(≧▽≦)

ブルーベリーソースを付けて食べるのも美味しいんだけど、そのままで食べても、ビックリするくらい美味しい😍✨

鹿肉って、こんなに柔らかいの?

こんなに美味しいの?💕

この絶妙な焼き加減にあるんだと思う💕

焼き過ぎると固くなるし。

私はあまり詳しくは語れないんだけど、そもそも、絞めかたや処理の仕方、捌き方で、肉の味も変わるそう。

オーナーさんは、そこにもこだわりを持ってお肉を仕入れてらっしゃいます✨

ホンっトに美味しかった😍✨

うちはよくイノシシの肉とかを友人からいただきます。

畑を荒らすイノシシ等は、害獣として駆除され、そのお肉を食べます。

が、ジビエというのは、元々お料理の食材として使われるために、動物の大切な命をいただくもの。

《絞めたから食べるもの》と《食べるために絞めるもの》は、絞めかたや処理の仕方の違いで、味も変わってくるんだなぁと思いました。

(これは私の認識ですので、間違ってたらすみません💦)

野菜もたくさん🎶

玉ねぎもナスも丸ごと✨

お料理が美味し過ぎて・・・

気付けば、一人でワイン飲み干してた(^^;

元々ジビエ料理が好きな夫だけど、こんなに美味しそうに食べる姿、めったに見た事ない(笑)

ワインもすすむはずだわ💕

デザートは2種から選べたので、それぞれ違うの選んでシェア🎶

《特製アイスクリームとブルーベリーソースのせ》✨

《山のいぶき高村さんの濃厚牛乳とグリーンファーム荒牧さんの有精卵プリン》

プリンが美味しくできるよう、この容器までこだわって選んでらっしゃいます。

これもホントに美味しかったぁ✨

最後のドリンクも、コーヒーと紅茶で。

どちらも2杯分ずつあるので、どっちも飲めました(^_-)-☆

《フレンチプレスで淹れるコーヒー》

《フレッシュハーブティ》

お料理もゆっくりしたペースで出てきます。

一品一品を、ゆっくりと味わって食べて、時折風景を眺めたり、オーナーさんご夫婦と会話を楽しんだりしながら・・・

この時間や空間もご馳走だなって思います💕

オーナーさんご夫婦も、とっても素敵なお二人です✨

食材やお料理に対する想い、そして何より、美味しいお料理の提供だけでなく、『ここまで来ていただいたお客さまに、気持ち良く過ごしていただきたい💕』と言う想いが、伝わります。

重ねて書いておきますが・・・

・お店の営業日は、土日&祝日のみ

・席数は、テーブル4つ分(椅子はたくさんありましたが、テーブル自体は2人掛け用の広さです)

・完全予約制ではありませんが、facebookやインスタ等でのメッセージによる予約をおすすめ(8/26現在、電話予約はありません)

今回は、かなり長文になってしましました(^^;

【ランチしましょ♪】ブログ最長記事です(笑)

夫や私にとっても、とても素敵なお店との出会いになりました✨


☆再訪☆

【Asoうぶやまキュッフェ】 今年は台風が多いですね。 週末のたびに、熊...

 Asoうぶやまキュッフェのお店情報

店名  Asoうぶやまキュッフェ
住所  熊本県阿蘇郡産山村産山2101
営業日 土曜・日曜・祝日のみ営業
営業時間  11:30~17:00
サイト https://ubuyama2101kuche…
facebook https://www.facebook.com…
インスタグラム https://www.instagram.com…

facebook・Instagram・Twitter で、ブログ更新情報お届けしてます♪

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、【ランチしましょ♪】の記事更新のお知らせをメールで受信できます。

50人の購読者に加わりましょう

当ブログに記載のメニュー内容・価格・店舗情報は、ブログ管理人が訪問した当時のものです。 メニュー内容・価格変更、営業時間・店休日変更、移転・閉店の場合もありますので、ご注意くださいませ。

シェアする

フォローする